トップページ > すみれトピックス 

すみれトピックス

2学期終業式

2017.12.22

今日で長い2学期も最終日となり、2学期に活躍した生徒たちの賞状伝達と終業式が行われました。

今年は例年に比べて、多くの生徒が運動部、文化部を問わず部活動で優秀な成績をおさめたり、

作文や標語(五・七・五)、新聞スクラップなどのコンクールで賞をいただくことができました。

  

終業式では、今年の漢字と「未来の年表」という本に関してのお話がありました。

今年の漢字は「北」でしたが、自分自身の今年の漢字は何ですか? という問いかけから始まり、

「語れる自分、語れる人生を持て」ということをお話しいただきました。自分をアピールする場は

これから多く訪れます。その機会を十分に活かし、自分の魅力を相手に伝えるために、自分自身の

生活を振り返る一つのきっかけとして、自分自身の今年の漢字を考えてみてはどうでしょうか。

また、「未来の年表 ~人口減少日本でこれから起こること~」(河合雅司、講談社現代新書)

についてのお話では、問題を抱える現代日本に対して、私たちが何を見つめ何を起こすか?

という問いが立てられていて、これはまさに「Education for Sustainable development(ESD)」の

目指すものである、とお話しいただきました。自分に何ができるか、という問いともつながりますが、

これは「社会において対応できる力」「気づきの感受性」にも深くかかわっています。

この二つを高めるのが本校で行っている「アクティブラーニング・ジグソー法」であります。

冬休みに自分を見直す一つの問いとして、考えてほしいと思います。

2017年を振り返り、新たな気持ちで新しい年を迎えましょう。年明けに元気に登校することを願っています。

**すみれトピックスをご覧の皆様へ**

今年はすみれダイアリーからすみれトピックスに変わり、随時更新となりましたが、昨年と変わらず

多くの皆様にご覧いただきましたこと、感謝申し上げます。

本日が2017年最後の更新となります。来年も引き続きご覧いただけますよう、よろしくお願い致します。

それでは皆様、良い年をお迎えください。


 

【2年医療看護系】特別講座

2017.12.13

本日の6限、2年医療看護系の特別講座が行われ、長野ろう学校の生徒たちと交流をしました。

医療従事者を目指している生徒には、相手の表情、動作の大小などを読み取り、自らが相手の気持ちを

汲み取ろうと歩み寄る気持ちが必要です。

今回の特別講座は、「言葉」だけでなく「手話」を使ったコミュニケーションを学んでほしいということ、

同世代である長野ろう学校の高校生との触れ合いの中で、今後の進路や生き方を見つめる機会となってほしい

ということを目的に行われました。

聴覚障がいについての説明では、「聴こえないということはどのような世界なのか」などを伝えていただき、

生徒たちは真剣な様子で話を聞いていました。

また、手話学習会では自分たちが覚えた手話だけでなく、ろう学校の生徒たちに教えてもらった手話を使って

積極的にコミュニケーションしていました。

  

  

50分という短い時間ではありましたが、聴覚障がいについて学び、「手話」を使ったコミュニケーションを

通して、生徒たちは視野が広がったようです。この経験を今後の進路選択に活かしてほしいと思います。


 

平成29年度長野県高等学校新人体育大会バドミントン競技 結果報告

2017.12.12

・女子団体   準優勝

・ダブルス    3位 加藤・河西

       ベスト8 太田・吉川

・シングルス   3位 加藤 里菜

       ベスト8 太田 捺美香、河西 紅花

       ベスト16 吉川 祐奈

全国高等学校選抜大会バドミントン競技北信越予選には、

女子団体と女子ダブルスの加藤・河西が出場!


 

センゲージ・ラーニング 優勝

2017.12.05

第11回センゲージ・ラーニング読書大会に本校生徒が挑戦しました。

洋書を1冊読み、読書感想文を書いて応募しました。今年は過去最高の応募数だったようです。

その中から、本校1年7組の工藤美有紀さんが優勝しました。