トップページ > ユネスコ活動ブログ 

ユネスコ活動ブログ

インターアクトクラブ東北研修

2017.09.01

環境教育・ボランティア教育プロジェクト  インターアクトクラブ東北研修  (2017.8.17~8.19) 

夏休み中に、インターアクト部が東北研修に行ってきました。その報告をいただきました。

___________________________________

東北研修1日目
白菜が繋ぐ宮城松島と長野の友好の種蒔き。
宮城は26日ぶりの晴れ間。今私に何ができるのだろうか。中学生も高校生もそれぞれがそれぞれの想いを持って今年も訪れた宮城県。宮城のインターアクトの子ども達との交流を通して、未来へ繋ぐ橋が見えました!

東北研修2日目

今年もピースボートセンター石巻の皆様から、6年前からの復興と現状を教えていただきました。6年前に起きた事は、まだ現実となって私に突き付けてくるものがあります。
長野に戻ってまずは、学校でプレゼンをして伝えたいと生徒達。
できることから行いたいと心を改めて確認致しました。
ピースボートセンターの皆様に感謝申し上げます。ありがとうございます!

東北研修最終日

雄勝奇跡のガーデン『ローズファクトリー』オーナー徳水利枝さんが待っていてくださいました。1年ぶりの再会です。「若い世代との出会いが、私達に1年分の生きる勇気を与えてくれる。」ある生徒は、毎年この研修に参加し続け、この地を訪れるも3回目。「微力ながら、私達にできることをやり続けたい。」そんな生徒の言葉が印象的でした。驚いたことは、このガーデンが国道建設の為に立ち退きをしなければならないこと。3年間反対し続けたこと。考えに考えた末、発想を変え、もっともっといろいろな方が集まる公園にしよう!と、ユニバーサルデザインで工夫した公園にすると決めたこと。驚きました。国もこのガーデンの功績に賛同くださって補助して下さるとのこと。
来年はどんな東北に出会えるのでしょう。


 

夏季短期海外研修

2017.09.01

異文化理解プロジェクト  夏季短期海外研修 (2017.7.16~7.27) 

7月16~27日の期間、中高13名の生徒がカナダホームステイプログラムに参加しました。

到着してから4日間は受入学校であるInternational Language Instituteで、写真や映像を使って楽しみながら

英語レッスンを行い、無事に修了書が授与されました。

  

課外活動ではハリファックス市内ツアー、ルーネンバーグやユネスコスクールの訪問、灯台で有名な

ペギーズコーヴの観光、ラフティング体験など、ノバスコシア州の魅力が詰まったアクティビティをしました。

  

  

ルーネンバーグは、イギリスの植民地として建設されました。建設当時の姿をそのまま残す旧市街は

1995年に世界遺産に登録されました。カラフルな建築、きれいな街並みに生徒たちは感動していました。

「赤毛のアン」の舞台地として有名な、プリンスエドワード島のシャーロットタウンにも行きました。

「赤毛のアン」博物館を訪問したり、演劇を鑑賞したり、有意義な時間を過ごしました。

  

生徒たちは短期海外研修を経て、英語のスキルだけでなく、カナダの文化や歴史など多くのことを学び、

成長して帰ってきました。ホストファミリーや現地スタッフとの別れを惜しむほど、充実した日々でした。

カナダ短期海外研修で経験したことを、これからの生活に生かしてほしいと思います。


 

「“届けよう、服のチカラ”プロジェクト」への参加 

2017.09.01

環境教育・ボランティア教育プロジェクト 「“届けよう、服のチカラ”プロジェクト」への参加 (2017.7.13)

【ユニクロHPより】

  


“届けよう、服のチカラ”プロジェクトとは?
子どもたちが主体となって、着なくなった子ども服を回収して、難民の方々など世界中で服を本当に必要としている人々に届ける活動です。
この活動を通じて、次世代を担う子どもたちが国際問題や環境問題に関心をもつだけでなく、服のチカラを知り、自分にもできる社会貢献があると気づくきっかけになればと思っています。
活動のはじめに、ユニクロの社員が講師となって服のチカラについて出張授業を行います。その後、子どもたちが校内・地域へ協力を呼びかけ、子ども服を回収・発送します。最後にユニクロが、難民キャンプに服を届けた様子のフォトレポートを学校にお届けします。



ユニクロが行っている「“届けよう、服のチカラ”プロジェクト」に参加が決まりました。奉仕委員会が中心となって活動を行っていきます。
本日は、ユニクロの店長さんの出張授業を受けました。
「服はどうして着るのか」「服が店頭に並ぶまではどうなっているか」という服に対する根本的な問い掛けからはじまり、今回の授業の目的である「届けよう、服のチカラ」について説明をしていただきました。
日常から一瞬にして非日常に変わることを余儀なくされた、全世界の難民の人たち。この人たちは着の身着のまま自分の知らない土地へ放り出された人々です。しかも、その人々の半分は子どもです。厳しい環境のもと、何日も同じ服しか着れなかったり、そもそも着られる服がなかったりもします。
ユニクロが今回目指しているのは「子ども服を難民の子どもたちに届ける」という活動です。ユニクロが新品の服を届けるのではなく、まだ着られる服を贈ることで、持続可能な社会も目指しています。
これから、具体的に服の回収などの活動を行っていきます。


 

長野マラソン・車いすマラソンボランティア

2017.09.01

環境教育・ボランティア教育プロジェクト  長野マラソン・車いすマラソンボランティア  (2017.4.16) 
4月16日に行われた長野マラソンと長野車いすマラソンに、本校生徒がボランティアとして参加しました。

 

  

 

例年は給水地点でランナーの方々をサポートする給水スタッフだけですが、今年はインターアクト部に

初めて通訳ボランティアの要請がありました。

英語のスピーチ力・奉仕の精神を総合的に判断し選ばれた5名の本校生徒が、

スタート会場とフィニッシュ会場の総合案内所にて、

過去最多の海外出場選手をはじめ、来場された方々のアテンドを行いました。

 

  

 

まさに春といった暖かい陽気の中、疾走する選手をサポートしてきました。

参加されたランナーの皆さんお疲れ様でした!


 

長野マラソン一校一国運動

2017.09.01

異文化理解プロジェクト  長野マラソン・一校一国運動  (2017.4.14) 

4月14日の放課後、長野マラソンの招待選手であるモーゼス・キベト選手と交流をしました。

まず、参加者全員で校歌を歌い、本校生徒が英語でインタビューをしました。



フルマラソンが今回初めての挑戦であることや、1週間で約70kmほど走っていることだけでなく、

ウガンダという国についてもたくさん知ることができました。

 

  

日本の伝統文化として、茶道部によるお点前や弓道部による素引きなどを披露し、モーゼス選手に

喜んでいただけました。

 

  

最後に記念品を渡し、参加者全員で記念撮影をしました。

 

長野マラソンでのモーゼス選手のご健闘を本校一同、応援しております。