トップページ > すみれトピックス 

すみれトピックス

うえだ七夕文学賞

2017.09.30

第三回うえだ七夕文学賞に中学生が入選しました。

ジャンル:自由詩

<中学一年>

秀逸賞:村田瑛里

入選:西原 望、松島向日葵

今回の受賞で三年連続の受賞となります。


 

中学生徒会 国際月間成果報告会

2017.09.28

本日、中学生徒会による国際月間の全校発表会がありました。

「私たちにできること」をテーマに、夏休み中にリーダーズ研修を行ったり、委員会ごとにテーマを決めて調べ学習をしてきた成果を発表しました。

SDGs(Sustainable Development Goals)の17のテーマの中から、委員会ごとテーマを選びそれについて調べた内容を報告しました。

どの委員会も自分たちの調べたことをしっかりと発表していました。

世界で起きているさまざまな解決すべき問題を、他人事とせず、これからも考えていきましょう。


 

ユネスコスクール認定プレート贈呈式

2017.09.08

本日の放課後、校長室にてユネスコスクール認定に係るプレートの贈呈式がありました。

中学生が行った活動、たとえば、国際月間での学習や地域の方との交流も認められての認定です。

これからも幅広い視野を持って考え、行動を起こしていけるように学習を進めていきましょう。


 

全校研究授業

2017.09.04

本日は研究授業が行われました。

中学3年生20名が「なぜ商品の価格は変化するのか」「均衡価格とは何か」「価格と供給の関係」の3種類の資料をグループに分かれて1種類だけ読み、違う資料を読んだグループのメンバーと自分が読み取った内容を共有し、意見をまとめあげる活動をしました。

この活動は「知識構成型ジグソー法」と呼ばれ、本校が推進している「アクティブラーニング」の中心となっています。自分自身が読み取った内容を、責任をもってほかのグループのメンバーに説明をし、意見をまとめあげることで、他者と協働して学ぶことができます。

また、本校は東京大学CoREFと提携しており、「知識構成型ジグソー法」をCoREFと協力して研究しております。今回の研究授業のあと、CoREFから来られた白水先生・松本先生と本校の教員で研究会が行われました。

来る高大接続改革や、ユネスコスクールにつながるESD教育(持続可能な発展のための教育)に向けて、今後も「知識構成型ジグソー法」を強力に推進していきます。


 

職場体験学習

2017.09.01

本日は多くの事業所の協力を得て、体験学習を2・3年生が行いました。

自分が将来目指したい夢を考え、それを実現のために何が必要かを発見していくキャリア教育の一環です。

それぞれの事業所で積極的に仕事を覚えたり聞いたりして、活動をしている姿がありました。