トップページ > すみれトピックス 

すみれトピックス

3学期始業式

2018.01.05

あけましておめでとうございます。

本年も文化学園長野高校は、勉強に部活動に生徒会活動に、生徒と教職員が一丸となって全力で

取り組んで参りたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

あっという間に冬休みも終わり、本日より3学期が始まります。

始業式では、校長先生からお話がありました。

明治維新から150年、明治から平成へと時代は変わりました。しかし、変わらないこともあります。

明治・平成どちらをとっても、人々は「国や世界をいかにして変えていくか」という視点を持っています。

全体を広く見て物事を考える、いわゆる大局観ですが、これを実現していくために大切なことは、

自分の身の回りを深く考えてみることです。

具体的には、国や世界という大きなものをそのまま考えるのではなく、小さなコミュニティの”集合体”として

みることで、自分自身が国や世界とどうつながっているか理解でき、何をするべきかも明確になります。

これを、キーワードに言い換えると、「Think Globally, Act Locally.(大局を考え、身近で行動せよ) 」

となります。

また、Act Locallyを達成するためには、「身近な関係を見つめなおす」ことも必要です。社会というのは、

人間が集い語り合う中で形作られていきました。人は決して頭でっかちな存在ではなく、人と人との

かかわりの中で生きていました。いま、そこにインターネットやAIが入ってきています。そうした中で、

私たちがどのような社会を作っていくべきなのか、考えていくために先述のキーワードは重要な意味を

果たしています。

3学期は1年間のまとめの学期です。原点に立ち戻り、日々自分を振り返りながら勉強や部活動に

励んでほしいと思います。

また、中学・高校生徒会からは、ユネスコスクールとして「ユネスコ世界寺子屋運動」に参加するという

報告がありました。教育を受けられずにいる世界の子どもたちに、教育の場を整備する活動であり、

11枚の書き損じハガキでひとりの子がひと月学校に行くことができます。

世界に目を向け、力を合わせて課題に取り組むべく、中学・高校生徒会を中心に活動をしていきます。


 

2学期終業式

2017.12.22

今日で長い2学期も最終日となり、2学期に活躍した生徒たちの賞状伝達と終業式が行われました。

今年は例年に比べて、多くの生徒が運動部、文化部を問わず部活動で優秀な成績をおさめたり、

作文や標語(五・七・五)、新聞スクラップなどのコンクールで賞をいただくことができました。

  

終業式では、今年の漢字と「未来の年表」という本に関してのお話がありました。

今年の漢字は「北」でしたが、自分自身の今年の漢字は何ですか? という問いかけから始まり、

「語れる自分、語れる人生を持て」ということをお話しいただきました。自分をアピールする場は

これから多く訪れます。その機会を十分に活かし、自分の魅力を相手に伝えるために、自分自身の

生活を振り返る一つのきっかけとして、自分自身の今年の漢字を考えてみてはどうでしょうか。

また、「未来の年表 ~人口減少日本でこれから起こること~」(河合雅司、講談社現代新書)

についてのお話では、問題を抱える現代日本に対して、私たちが何を見つめ何を起こすか?

という問いが立てられていて、これはまさに「Education for Sustainable development(ESD)」の

目指すものである、とお話しいただきました。自分に何ができるか、という問いともつながりますが、

これは「社会において対応できる力」「気づきの感受性」にも深くかかわっています。

この二つを高めるのが本校で行っている「アクティブラーニング・ジグソー法」であります。

冬休みに自分を見直す一つの問いとして、考えてほしいと思います。

2017年を振り返り、新たな気持ちで新しい年を迎えましょう。年明けに元気に登校することを願っています。

**すみれトピックスをご覧の皆様へ**

今年はすみれダイアリーからすみれトピックスに変わり、随時更新となりましたが、昨年と変わらず

多くの皆様にご覧いただきましたこと、感謝申し上げます。

本日が2017年最後の更新となります。来年も引き続きご覧いただけますよう、よろしくお願い致します。

それでは皆様、良い年をお迎えください。


 

【2年医療看護系】特別講座

2017.12.13

本日の6限、2年医療看護系の特別講座が行われ、長野ろう学校の生徒たちと交流をしました。

医療従事者を目指している生徒には、相手の表情、動作の大小などを読み取り、自らが相手の気持ちを

汲み取ろうと歩み寄る気持ちが必要です。

今回の特別講座は、「言葉」だけでなく「手話」を使ったコミュニケーションを学んでほしいということ、

同世代である長野ろう学校の高校生との触れ合いの中で、今後の進路や生き方を見つめる機会となってほしい

ということを目的に行われました。

聴覚障がいについての説明では、「聴こえないということはどのような世界なのか」などを伝えていただき、

生徒たちは真剣な様子で話を聞いていました。

また、手話学習会では自分たちが覚えた手話だけでなく、ろう学校の生徒たちに教えてもらった手話を使って

積極的にコミュニケーションしていました。

  

  

50分という短い時間ではありましたが、聴覚障がいについて学び、「手話」を使ったコミュニケーションを

通して、生徒たちは視野が広がったようです。この経験を今後の進路選択に活かしてほしいと思います。


 

平成29年度長野県高等学校新人体育大会バドミントン競技 結果報告

2017.12.12

・女子団体   準優勝

・ダブルス    3位 加藤・河西

       ベスト8 太田・吉川

・シングルス   3位 加藤 里菜

       ベスト8 太田 捺美香、河西 紅花

       ベスト16 吉川 祐奈

全国高等学校選抜大会バドミントン競技北信越予選には、

女子団体と女子ダブルスの加藤・河西が出場!


 

センゲージ・ラーニング 優勝

2017.12.05

第11回センゲージ・ラーニング読書大会に本校生徒が挑戦しました。

洋書を1冊読み、読書感想文を書いて応募しました。今年は過去最高の応募数だったようです。

その中から、本校1年7組の工藤美有紀さんが優勝しました。


 

創立記念式典

2017.11.30

明日、12月1日は本校の34回目の創立記念日です。

記念日に先立ち、創立記念式典を行いました。

式典では校長先生より、社会を担う若者として本校の建学理念“すみれ”の精神を大切に、

人としていかにあるべきか、また、社会人としての志を育んでほしいというお話をいただきました。

In the middle of difficulty lies opportunity.

アインシュタインが遺した言葉ですが、「困難の中にこそ機はある」という意味です。

自分が、あるいは世界が様々な危機に直面している今だからこそ、やれることが私たちにはあるはずです。

日々の学びは、困難にたちむかうためのものです。これからの社会に向かうにあたり、毅然と立ち、

歩み続けられる力が求められています。

本校は、ユネスコスクール活動やESD教育をはじめとして、アプローチをこれからも進めていきます。

この話を心に留めて、日々の生活を送ってほしいと思います。


 

Didier Jourdan教授、来校!

2017.11.28

11月13日に、信州大学「信州ESDコンソーシアム」と連携して、フランスのブレーズ・パスカル大学・教育大学院のDidier Jourdan教授をお迎えしました。長野県内のユネスコスクール訪問とあわせてご来訪いただきました。

中学2年1組の授業参観では、3Rについて生徒の研究発表を見ていただきました。フランスのESDとは何か、

ということもお話しいただきました。

 

 

中学1年1組の生徒たちと昼食も取っていただきました。

 

 

高校1年7組の授業では、文化交流を行いました。生徒たちが長野の紹介をしたあと、Jourdan教授からは

フランスの教育カリキュラムについてのお話をいただきました。

 

 

お話の中で、「Local leg」と「Global leg」の二つのバランスが大事だということを繰り返しおっしゃって

いました。そして、本校の生徒はしっかりとそのバランスを構築できているともお話しいただきました。

地域・地元・周囲を知り、世界規模で思考することもできる、そうした人がこれからの社会で求められている

のだと、学ぶことができました。


 

【2年】オーストラリア修学旅行⑤

2017.11.17

修学旅行現地最終日は、午前中にフェザーデール動物園に行ってきました。

シドニーは、ニューサウスウェールズ州にあたり、州法によってコアラを触ることができません。

しかしカンガルー等はほぼ放し飼いで、生徒たちも間近で動物たちと触れ合うことができました。

  

午後はシドニー市内のショッピングモールで最後のショッピングを楽しみました。

店員とのやりとりも今ではお手の物です。

  

帰りの飛行機は搭乗時間が予定より1時間遅れた影響で、日本時間11月17日午前5:40頃に

到着しました。体調不良者も出ず、全員無事に帰国しました。

今回の修学旅行で得た経験を、今後の学校生活、進路に生かしていけるよう努力しましょう。


 

【2年】オーストラリア修学旅行④

2017.11.16

修学旅行現地3日目、体調不良者もなく1日の行程を終了しました。

午前中はシドニー大学へ見学に行き、現地の大学生のガイドに広大な大学構内を

説明していただきました。

  

現地では大学入学者の平均年齢は20歳を超えるそうで、大学構内では様々な年齢、

人種の学生が歩いています。

  

午後は班別研修ということで、各班で事前に立てた計画に従って、シドニー市内を

観光しました。フードコートで英語で注文したり、道に迷ったら現地の人に英語で

道を尋ねるなど、この修学旅行で生徒たちはひと回りたくましくなったように見えます。


 

【2年】オーストラリア修学旅行③

2017.11.15

修学旅行2日目は、現地の高校と学校交流を行いました。

2学年全体が3つの隊に分かれて、それぞれカーリングフォード高校、フレッシュウォーター高校、

チェルトナム女子高校と交流しました。

        

一人一人現地の高校生とバディを組み、一緒に授業を受けたり、ディスカッションなどを行いました。

最初は不安でいっぱいだった生徒たちも、現地の高校生の温かいおもてなしのおかげもあり、

すぐに笑顔で交流する姿が見られました。

各学校で大変有意義な交流となった2日目でした。


 
12345...102030...