中学校の学び
座談会

学園長×中学校課程卒業生

司会:中学教頭

皆さん、こんにちは。お陰様で本校は開校から6年が過ぎ、中高一貫生も中学1年から高校3年まで揃いました。本校は学校生活を通じて、生徒たちが社会力をしっかりと身につけることを目標にしています。そのため東京大学の研究機構CoREFと連携して「ジグソー法」の授業実践を積み上げるなどしてきました。今日は歴代生徒会長4名と5期生・6期生の代表に集まってもらいました。まずは、中高一貫生が6学年揃った中で高校生に中学時代の思い出を語ってもらいましょう。

司会:中学教頭

初代生徒会長 1期生:工藤美有紀さん(緑ヶ丘小学校卒)

中学校時代にしっかりと国際交流の基礎を学んだお陰で、高校生になっても様々なことに挑戦しています。国際月間を設けての調べ学習や、長野市主催の「ワールドフェスタ」での和太鼓演奏などを通して、常に世界と自分を対比することで得る楽しさや喜びは、今の高校生活でも私の原動力になっていることは間違いありません。

1期生:工藤美有紀さん

第2代生徒会長 2期生:坂野志希さん(徳間小学校卒)

私が生徒会活動の中で取り入れたのが「他学年交流」です。クラスごとの清掃ではなく3学年混ざっての清掃で、清掃への意識を高めあったり、SDGsの探求学習をする際にも、3学年混ざってのグループで探求をして、様々な意見を出し合うことが出来ました。「他学年交流」をしたことで、今まで考えたこともなかった新しいアイディアに触れることが出来ました。

2期生:坂野志希さん

第3代生徒会長 3期生:田邉祐登くん(青木島小学校卒)

僕の一番の思い出は、先生たちの温かさです。僕は男子初の生徒会長をやらせて頂きました。僕が何か相談をしに行くと、必ず相談を聞いてもらえました。社会力の根底にはコミュニケーションの力が欠かせません。先生方との温かい触れ合いの中からクラスメイトや全校生徒への接し方も学べたと思っています。僕はこの文化学園に入って良かったと思っています。

3期生:田邉祐登くん

司会:中学教頭

工藤さんは高校でも生徒会の副会長として多忙な日々を送っているようですね。また坂野さんと田邉君は弓道部で活躍し、勉強の方も頑張っていると聞いています。3人とも今に甘んじることなく、向上心を持って高校生活に励んでいますね。さて、こうした先輩たちの思い出を受けて、在校生はどんな中学生活を送っていきたいと考えているのでしょう?

司会:中学教頭
座談会の様子
   

第4代生徒会長 4期生:坂野希吏さん(徳間小学校卒)

生徒会長として、1期生から3期生がつくり上げてきてくれた生徒会を守り続け、新たな私たちの生徒会をつくり上げ、発展させていきたいです。そして、最後の1年の中学校生活を悔いの無い、楽しい生活にし、高校生に向けての心構えと準備をしていきたいです。

4期生:坂野希吏さん

5期生:小林徳亮くん(真島小学校卒)

少人数だからこそ出来る「協力」というものをクラス全員で築いていきたいと思います。更に相手の意見を尊重することも大切にしていき、充実した学校生活を送っていきたいと思います。

4期生:坂野希吏さん

6期生:橋本怜奈さん(南部小学校卒)

生徒会長として、1期生から3期生がつくり上げてきてくれた生徒会を守り続け、新たな私たちの生徒会をつくり上げ、発展させていきたいです。そして、最後の1年の中学校生活を悔いの無い、楽しい生活にし、高校生に向けての心構えと準備をしていきたいです。

6期生:橋本怜奈さん

司会:中学教頭

在校生の皆さん、社会力をしっかり身に付けてくださいね。学校も最大限、皆さんのサポートに努めていきます。皆さん、本日はどうもありがとうございました。

司会:中学教頭