中学校の学び
座談会

学園長×中学校課程卒業生
文化学園長野中学で学んでよかった

高橋校長 文化学園長野の中学校課程を卒業して、高校課程に進学したみなさんに聞きたいのですが、中学校での学びはどんなものでしたか?

工藤 生徒の一人ひとりがそれぞれに夢を持って、さまざまな未来を思い描き、一人ひとりがそれぞれの“いま”と真剣に戦っている…そのようなクラスの雰囲気があり、大変充実していました。

中曾根 文化学園長野中学では、いろいろなチャンスを与えていただき、一つひとつ実現することができたと思います。

高橋校長 例えば、どのようなことですか?

中曾根 私は、昨年、中学校英語弁論大会に出場し、北信大会では3位、県大会では5位に入賞することができました。毎日の練習を的確なアドバイスで指導してくださった先生方には、感謝しています。

中学校英語弁論大会

花立 私は、中学3年生のときに、信濃毎日新聞学生派遣記者としてアメリカに行きました。ワシントンD.C.やニューヨークで、国立自然博物館や国連本部、9.11記念館などを取材してきました。この派遣記者の審査に際しても、先生には、親身になって指導していただきました。

高橋校長 本校では、放課後や休み時間も先生方は皆さんを親身になって指導しています。それも皆さんのやる気があるからだと思いますよ。

花立 花立ひなたさん 派遣記者の経験を通して、もっと英語を頑張りたいと思い、中学3年生のときに英検2級を取得することができました。先生方は、私が「やってみたい!」と言ったことに、最後までとことん付き合ってくださり、それらが達成されたときには、一緒になって喜んでくださいました。

中曾根 自分が得意としているところを伸ばしてもらえる学校だと思います!

花立 そうなんです!この学校の良さは、そこにあると思います。

高橋校長 先生方は、生徒一人ひとりの可能性や未来をしっかり考えているんですよ。

工藤 一人ひとりが道に迷うようなことがあると、その人に合う“モノ”を与えてくれたのが本校でした。辛いことがあったときには、どんなことでも先生方に相談にのっていただけるのも、この学校のいいところだと思います。高校課程に進学した今も、中学校職員室に行ってお話を聞いてもらうこともあります。

中曾根 先生方は、きちんと話を聞いてくれて、相談に乗ってくださるので本当に頼りにしています。

高橋校長 各教科の学習を指導するだけではなくて、中学生から高校生になって、大学生や社会人へと成長していく皆さんを、さまざまな面から精一杯応援していけたらと思っています。私たちの目指す教育はʻLearning to beʼです。

工藤 これから先、求められる人材は“心”を持っている人、相手のことを想いながらも自分を貫き続ける力のある人だと思います。文化学園長野中学校は、まさにそんな人を育ててくれる、素敵な学校だと思います。