トップページ > すみれトピックス 

すみれトピックス

三学期始業式

2018.01.05

あけましておめでとうございます。

本年も文化学園長野中学校は、勉強に部活動に生徒会活動に、生徒と教職員が一丸となって全力で

取り組んで参りたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

あっという間に冬休みも終わり、本日より3学期が始まります。

始業式では、校長先生からお話がありました。

明治維新から150年、明治から平成へと時代は変わりました。しかし、変わらないこともあります。明治・平成どちらをとっても、人々は「国や世界をいかにして変えていくか」という視点を持っています。

全体を広く見て物事を考える、いわゆる大局観ですが、これを実現していくために大切なことは、自分の身の回りを深く考えてみることです。

具体的には、国や世界という大きなものをそのまま考えるのではなく、小さなコミュニティの”集合体”としてみることで、自分自身が国や世界とどうつながっているか理解でき、何をするべきかも明確になります。これを、キーワードに言い換えると、「Think Globally, Act Locally.(大局を考え、身近で行動せよ) 」となります。

また、Act Locallyを達成するためには、「身近な関係を見つめなおす」ことも必要です。社会というのは、人間が集い語り合う中で形作られていきました。人は決して頭でっかちな存在ではなく、人と人とのかかわりの中で生きていました。いま、そこにインターネットやAIが入ってきています。そうした中で、私たちがどのような社会を作っていくべきなのか、考えていくために先述のキーワードは重要な意味を果たしています。

3学期は1年間のまとめの学期です。原点に立ち戻り、日々自分を振り返りながら勉強や部活動に

励んでほしいと思います。

また、中学・高校生徒会からは、ユネスコスクールとして「ユネスコ世界寺子屋運動」に参加するという

報告がありました。教育を受けられずにいる世界の子どもたちに、教育の場を整備する活動であり、

11枚の書き損じハガキでひとりの子がひと月学校に行くことができます。

世界に目を向け、力を合わせて課題に取り組むべく、中学・高校生徒会を中心に活動をしていきます。


 

二学期終業式

2017.12.22

 今日で長い2学期も最終日となり、2学期に活躍した生徒たちの賞状伝達と終業式が行われました。

 今年は例年に比べて、多くの生徒が運動部、文化部を問わず部活動で優秀な成績をおさめたり、

 作文や標語(五・七・五)、新聞スクラップなどのコンクールで賞をいただくことができました。

 終業式では、今年の漢字と「未来の年表」という本に関してのお話がありました。

 今年の漢字は「北」でしたが、自分自身の今年の漢字は何ですか? という問いかけから始まり、「語れる自分、語れる人生を持て」ということをお話しいただきました。自分をアピールする場はこれから多く訪れます。その機会を十分に活かし、自分の魅力を相手に伝えるために、自分自身の生活を振り返る一つのきっかけとして、自分自身の今年の漢字を考えてみてはどうでしょうか。

 また、「未来の年表 ~人口減少日本でこれから起こること~」(河合雅司、講談社現代新書)についてのお話では、問題を抱える現代日本に対して、私たちが何を見つめ何を起こすか? という問いが立てられていて、これはまさに「Education for Sustainable development(ESD)」の目指すものである、とお話しいただきました。自分に何ができるか、という問いともつながりますが、これは「社会において対応できる力」「気づきの感受性」にも深くかかわっています。この二つを高めるのが本校で行っている「アクティブラーニング・ジグソー法」であります。冬休みに自分を見直す一つの問いとして、考えてほしいと思います。

 2017年を振り返り、新たな気持ちで新しい年を迎えましょう。年明けに元気に登校することを願っています。

**すみれトピックスをご覧の皆様へ**

今年はすみれダイアリーからすみれトピックスに変わり、随時更新となりましたが、昨年と変わらず

多くの皆様にご覧いただきましたこと、感謝申し上げます。

本日が2017年最後の更新となります。来年も引き続きご覧いただけますよう、よろしくお願い致します。

それでは皆様、良い年をお迎えください。


 

三者懇談会

2017.12.14

三者懇談がおこなわれています。

自分自身の学び、また、生活を振り返りながら、三学期や来年に向けて考えています。

今後の自分について考え、力にしていきましょう。


 

リーダーズ研修事前勉強会②

2017.12.05

本日も第二回の勉強会が行われました。

今日は、三枚の写真をみて「ここはどこか当ててみよう」というクイズから始まりました。都市の財政破綻によって廃校となった学校などの写真です。写真からわかる情報を駆使し、場所を特定することができました。

その後、「自分だったらどういう行動を起こすか?」という問いを考えました。

別の場所で起こったことを、「はなれたところで起こった出来事」ととらえるのではなく、「自分の身近に起こりうること」ととらえたうえで、「私ならどうするか」と考えることはESDの重要な軸であります。

生徒たちはしっかりと考えて、自分自身の答えを出していました。


 

リーダーズ研修事前勉強会①

2017.12.04

12月17日にJICA駒ケ根で行われる「信州グローバルセミナー2017」に、本校生徒が参加します。

それに向けて、事前勉強会を行っています。

世界を変えるための17の目標、通称「SDGs」について、勉強を深めています。

自分の学びを深め、それを他者に伝えることで、より深い学びができます。

世界の諸問題に対して、なにができるか、考え続けてほしいと思います。


 
12345...102030...