トップページ > すみれトピックス 

すみれトピックス

一学期終業式

2017.07.22

今日、壮行会ならびに賞状伝達が行われました。

中学生からは賞状伝達で下記の三人が表彰されました。おめでとうございます。

坂野 希吏:第44回長野県体操競技選手権大会 兼 第72回国民体育大会体操競技長野県予選会 女子個人総合 第6位

西澤歩乃花:北竜湖鯉の恋物語続編コンクール 準優勝

太田明香里:北竜湖鯉の恋物語続編コンクール 優勝

 

つづいて、一学期終業式が行われました。

校長先生のお話では、「今後の生き方」についてと「すみれ祭」についてお話がありました。

「真の学力とは何か?」という学びの基礎基本となる問いをされたら、どう答えるか。真の学力の三要素、とくに三番目の「主体性をもって、他者と協調しながら学習する態度」は今後を生きる上で不可欠のものとなっていきます。他者と関わり自分の考えを表明していくために、自分自身を高めていき、冒頭の問にしっかりと答えられるように考え続けていきましょう。

また、すみれ祭については、今年を振り返り来年に向けての姿勢を再確認しなさい、というお話がありました。第34回すみれ祭を超える文化祭を行うために何ができるか。2つのキーワードが挙げられました。

ひとつは「Breakthrough」。文化学園の生徒ならだれもが知っているこの言葉ですが、自分の限界を広げる、現状を打破していく。この気持ちを忘れずにもつことです。

もうひとつは「Sustainable Development」。Breakthroughにとどまらず、それをその場しのぎ・その場限りではない持続可能な発展につなげていくことです。

中学生にとっても、今後の中学・高校生活、あるいはその後の将来を見据えて、大事な話をいただいたと思います。夏休み明けは真剣勝負の始まりです。どうか夏休みを自分が何を、誰と、どのように、なぜ、行動していくのか、思索を深める機会にしていってほしいと願います。


 

キッズISO14000

2017.07.19

 今日は講師の方を招いて、「キッズISO14000初級編」について授業をしていただきました。

 環境問題について具体的に何か行動したい、と思っていても、いきなり何かをしようとするのはかなり難しいことです。

 そこで、「マネジメント」の手法、具体的には「PDCAサイクル」を用いてエコ活動を行っていく方法を教えていただきました。

「PDCAサイクル」とは、

「Plan」:現状を把握し、具体的に誰が何をどの程度行っていくのかを計画する。

「do」:実際に活動を行い、結果を記録する。

「check」:活動によって何が変わったのか、活動の評価をしながら振り返る。

「act」:達成できなかった目標をどうすれば達成できるか考え、次の活動の計画につなげる。

の4つの項目で成り立っています。

 他にも、ごみの分別や4Rについても教えていただきました。

 あとは行動するのみです。

 小さなことだと思っても、それが積み重ねられていけば大きなものへと変わっていきます。

 日々の生活を振り返り、無駄をなくしていく良い機会としましょう。


 

大会結果

2017.07.18

平成29年度長野県中学校総合体育大会

バドミントン競技

女子シングルス

滝澤杏奈

ベスト16


 

「届けよう、服のチカラ」プロジェクト

2017.07.13

奉仕委員会の活動の一環として、私たちも親しみのあるお店であるユニクロの店長さんの出張授業を受けました。

「服はどうして着るのか」「服が店頭に並ぶまではどうなっているか」という服に対する根本的な問い掛けからはじまり、今回の授業の目的である「届けよう、服のチカラ」について展開していきました。

日常から一瞬にして非日常に変わることを余儀なくされた、全世界の難民の人たち。この人たちは着の身着のまま自分の知らない土地へ放り出された人々です。しかも、その人々の半分は子どもです。厳しい環境のもと、何日も同じ服しか着れなかったり、そもそも着られる服がなかったりもします。

ユニクロが今回目指しているのは「子ども服を難民の子どもたちに届ける」という活動です。ユニクロが新品の服を届けるのではなく、まだ着られる服を贈ることで、持続可能な社会も目指しています。

静かに話を聞きながら、何を思ったでしょうか。「いま、わたしたちに何ができるか」ということを考えてみましょう。


 

薬物乱用防止教室

2017.07.13

本日、LHRの時間に講師の先生に来校していただき、薬物乱用防止教室が行われました。

薬剤師の視点から、代表的な薬物の種類や薬物の恐ろしさ、なぜ使用がいけないかなど、

写真や図表、映像を使って教えていただきました。

医薬品であっても誤った服用をしたり、1回でも薬物を使用したりすることが薬物乱用である

ということも知ることができました。

  

また、薬物の誘いへの断り方については、本校職員の寸劇を見ながら、生徒自身自分たちに

置き換えて考えることができたのではないかと思います。


 
...89101112...203040...