トップページ > すみれトピックス 

すみれトピックス

百人一首大会

2017.08.24

本日、百人一首大会が行われました。文化学園長野中学校の頂点を決める戦いです。

最初に、A~Hまでのリーグに分かれ予選を行いました。

次に、8リーグの一位が集まる決勝トーナメント、2位以下は成績に応じてリーグを再編成し、2戦行いました。上の句が読まれてすぐ取られてしまったり、覚えていたはずなのに見つけ出せず取られてしまったりと悔しい思いをする場面もありましたが、めげずに頑張っている姿が印象的でした。

決勝戦は張り詰めた緊張のなかで、全員が観戦しました。素早い手の動き、札の位置を覚える記憶の正確さに、魅了されてしまうほどでした。

来年度はどんな戦いとなるのでしょうか。来年に向けて、百人一首に親しんでいきましょう。


 

2学期始業式

2017.08.23

本日、二学期始業式が行われ、二学期がスタートしました。

これからの大学入試や社会において要求される学力の三要素を校長先生から話していただきました。

①基礎基本である知識・技能の習得

②①を活用し、課題を発見して解決に向けて探求する力(思考・判断・表現)

③主体性をもち、多様な人々と協働しながら学習する態度

とくに3つ目の要素に関しては、これからの時代において、課題となってきます。

そこで、本校には「ユネスコスクール」「アクティブラーニング」による学びがあります。

自分の身の回りの問題について、考え、友と一緒に解決していく活動をしていくこと。

チャンスは多くあります。2学期、新しい気持ちで頑張っていきましょう。


 

「信州総文祭」に向けて

2017.08.04

「文化部のインターハイ」と呼ばれる全国高校総合文化祭が、7月31日に仙台市などで開催しました。

来年8月には長野県で総文祭が開催されることから、中高一貫の1期生4名が実行委員会に参加しています。

7月30日付の信濃毎日新聞1面には、総合開会式部会のメンバーである工藤さんが先発隊として29日に

仙台市で舞台のリハーサルをしたことが掲載されました。

また、本日付の信濃毎日新聞には31日に交流舞台をしたメンバーの、本番での緊張や来年への意気込みが

掲載されていますので、ぜひご覧ください。

 


 

リーダーズ研修

2017.08.01

本日、「リーダーズ研修」で、JICA国際協力推進員の方と「JICA’fe」を行いました。

中学1年から3年のメンバーが、9月の国際月間に向けて、「私たちにできること」をテーマに一人ひとりが考えた課題とその解決策や考えを発表しました。

環境問題や教育問題、難民問題、ITの問題まで、生徒の提案は多岐にわたり、議論も白熱していきました。

JICA国際協力推進員の方、生徒、先生問わず、どんどん意見を交わしていくことで考えが深まったようです。

国際月間に使えるアイデアがたくさん得られたと思います。次は、自分たちで調べて発表するためにがんばっていきましょう。


 

米国派遣学生記者出発!

2017.08.01

昨日、米国派遣学生記者の1人に選ばれた中高一貫の1期生がニューヨークに向けて出発しました。

第2次世界大戦中の日系人強制収容について話を聞いたり、2001年9月の米中枢同時テロで崩壊した

ビル跡地にある犠牲者追悼施設、国連本部などを訪れたりして8月6日に帰国する予定です。

  

米国滞在中の活動は共済厚生会のHPで紹介されていますので、ぜひご覧ください。

選ばれた記者にしかできない貴重な体験をして、成長して帰ってくることを楽しみにしています。