トップページ > すみれトピックス 

すみれトピックス

学園長野模試

2017.07.29

本日は第一回学園長野模試が行われました。

小学6年生が一生懸命問題を解いたあと、本校職員による解説をうけました。

また、高校生の有志による勉強会も実施され、子どもたちは楽しく勉強をしていました。


 

イングリッシュキャンプ二日目

2017.07.28

イングリッシュキャンプ最大のイベント、パフォーマンスが行われました。

昨日までの準備の成果を活かして、それぞれの発表をしました。

自分たちで製作した服や小道具を用いて、演技を一生懸命していました。

昔話をAll Englishで演じましたが、生徒たちは堂々と、立派に配役をやりきりました。

この二日間の経験を今後の学習に活かし、目指すは3年次のカナダ語学研修です。

2日間の英語漬けの生活を自分なりに振り返っておきましょう。

 


 

イングリッシュキャンプ一日目

2017.07.27

今日は待ちに待ったイングリッシュキャンプ一日目です。

出発式からAll Englishで始まりました。挨拶や連絡事項をしっかりとこなしていました。

文化北竜館到着後、信州大学留学生の皆さんからプレゼンテーションがありました。「自分がなぜ、日本に来たのか」、「私が住んでいる国はどういう国か」など、さまざまなことを知るきっかけになりました。外国の文化や宗教に関する知識は、日本にいる私たちにとっては、知ろうとしても知ることがなかなか難しいものです。留学生たちはわかりやすく教えてくれました。

その後、室内活動でNature gameを行ったり、スカベンジャーハントを行いながら、文化北竜館周辺の自然を学びました。

そして、次なるイベントはパフォーマンスです。残りの時間をすべて使って、パフォーマンスを成功させるために、生徒たちは一生懸命頑張っていました。


 

イングリッシュキャンプ準備

2017.07.26

明日から飯山の文化北竜館にて行われるイングリッシュキャンプの準備を一・二年生が行いました。

最初に行程の確認をしました。明日以降の日程をしっかり覚えておきましょう。

その後、パフォーマンスに使うものの準備を行いました。

パフォーマンスの内容に沿った衣装や小道具を今日中に仕上げなければならないため、一生懸命アイデアを出し、それぞれの分担にしたがって作業をしていました。

明日からはいよいよオールイングリッシュの世界へと入っていきます。

自分たちの力となるよう、充実した二日間にしてほしいと思います。


 

一学期終業式

2017.07.22

今日、壮行会ならびに賞状伝達が行われました。

中学生からは賞状伝達で下記の三人が表彰されました。おめでとうございます。

坂野 希吏:第44回長野県体操競技選手権大会 兼 第72回国民体育大会体操競技長野県予選会 女子個人総合 第6位

西澤歩乃花:北竜湖鯉の恋物語続編コンクール 準優勝

太田明香里:北竜湖鯉の恋物語続編コンクール 優勝

 

つづいて、一学期終業式が行われました。

校長先生のお話では、「今後の生き方」についてと「すみれ祭」についてお話がありました。

「真の学力とは何か?」という学びの基礎基本となる問いをされたら、どう答えるか。真の学力の三要素、とくに三番目の「主体性をもって、他者と協調しながら学習する態度」は今後を生きる上で不可欠のものとなっていきます。他者と関わり自分の考えを表明していくために、自分自身を高めていき、冒頭の問にしっかりと答えられるように考え続けていきましょう。

また、すみれ祭については、今年を振り返り来年に向けての姿勢を再確認しなさい、というお話がありました。第34回すみれ祭を超える文化祭を行うために何ができるか。2つのキーワードが挙げられました。

ひとつは「Breakthrough」。文化学園の生徒ならだれもが知っているこの言葉ですが、自分の限界を広げる、現状を打破していく。この気持ちを忘れずにもつことです。

もうひとつは「Sustainable Development」。Breakthroughにとどまらず、それをその場しのぎ・その場限りではない持続可能な発展につなげていくことです。

中学生にとっても、今後の中学・高校生活、あるいはその後の将来を見据えて、大事な話をいただいたと思います。夏休み明けは真剣勝負の始まりです。どうか夏休みを自分が何を、誰と、どのように、なぜ、行動していくのか、思索を深める機会にしていってほしいと願います。