トップページ > すみれトピックス 

すみれトピックス

長野マラソン一校一国運動

2018.04.12

一校一国運動で、エチオピアの選手が来校されました。

アブデラ・ゴダナ選手と、アハメド・カデロ コーチのお二人です。

アブデラ選手は日本には2回目、アハメドコーチは初来日とのことです。

本校の有志およそ50名が集まり、お二人に質問をしたり、部活動の技術を披露したりしました。

茶道部で点てたお茶は、お二人には苦い、とのことでしたが、「自国の素晴らしい文化なのだから、毎日でも飲んでほしい。親しんでほしい。」とのお話もいただきました。

弓道部が素引き、書道部が色紙を渡し、生徒会の発表では地域の方の協力を得てお神輿と太鼓を披露しました。

最後は記念撮影を行い、「Amazing!!」と何度も言っていただきました。

アブデラ選手の健闘を全校で応援しています!


 

実用英語技能検定 奨励賞を受賞しました!

2018.04.09

表題の賞をいただきました。

奨励賞とは、年三回の英語検定を全て実施し、多数の参加者を出した学校の中から選ばれる賞です。

英語を強みに、世界にさまざまなことを発信していきましょう。


 

対面式

2018.04.06

 本日中高合同で対面式が行われました。

 生徒会長につづいて、新入生代表の挨拶があり、校歌の披露がなされました。

 先輩方の姿を見て、学んでいきましょう。

 その後、中学校の対面式も行われました。

 二期生が育てた鉢植えが五期生に引き継がれ、育てていくこととなりました。

 また、生徒会目標が承認されました。

 今年度生徒会目標は、

   「新たなる 文中『心』 ここにあり ~第三章~」です。

 生徒会目標に基づき、力強く生徒会活動を進めていきましょう。


 

平成30年度 入学式

2018.04.05

本日、平成30年度文化学園長野中学・高等学校入学式が厳かな雰囲気のなか執り行われ、学校長より

中学生・高校生の入学許可がされました。

式辞の中で学校長より、「自分探しをしてほしい。自分は身近であるが、一番見えない存在であるため、

部活動や生徒会活動、ユネスコスクールに関する活動を通して学び、自分や社会を見つめてほしい。」

というメッセージが贈られました。

  

中学生として新しい生活が始まりました。新しい友人や先生との出会いを大切にし、学習や部活動など

積極的に取り組んでほしいと思います。

教職員一同、生徒たちの夢の実現に向けて全力でサポートしたいと思います。


 

一学期始業式・着任式

2018.04.04

 本日、平成30年度一学期始業式が行われました。

 気持ちを新たに、一生懸命頑張っていきましょう。

 春休みのやり残しはありませんか? 自分自身の振り返りも大切です。

 校長先生のお話がありました。

 今回のお話では「メタ認知」についてお話いただきました。

 羽生結弦選手や小平奈緒選手の発言や人となりをよくみていくと、彼らは「自分以外のもう一人の自分」を彼らの中に持っていて、それが彼らを強くしていることがわかります。これがいわゆる「メタ認知」となります。

 「メタ」とは”meta”という言葉からきており、現在でいうところの「高次元の~」、くだいていえば「超~」を著す接頭語です。つまり、通常の認知を超えた、いわば「超認知」と解釈できます。これは、先ほど述べた「自分以外のもう一人の自分」です。

 今年卒業した先輩方は、自分をコントロールし、目の前の困難から逃げ出さずに最後までやり切りました。どうか、「自分以外のもう一人の自分」を、自分を励まし高めていく存在にしていってほしいと思います。これは、自分自身を維持し、歩ませ続けていくという点でSustainable Developmentと絡みます。この一年間、「メタ認知」という観点に着目して、生活を送っていってほしいと思います。

 また、今年度からお世話になる先生方の着任式が行われました。

 先生方から教わること、学ぶことは多くあります。よく話を聞いて、学びを深めていきましょう。


 
...23456...102030...