トップページ > すみれトピックス 

すみれトピックス

中学校課程卒業式

2018.03.14

中学校課程卒業式が挙行されました。

中学三年生は本校二期生であります。一年生のときからさまざまなことを学び、ときには立ち止まり、しかし、それを乗り越えてここまで成長してきました。

卒業式という厳粛な場にふさわしく、静かにかつ凛とした姿を見せた三年生は立派でした。後ろから見ていた後輩たちの胸に、その姿はしっかりと刻まれたと思います。

3年間の中学での学習や生活を終え、いよいよ高校というステージに進みます。自分の進む道を信じて、堂々と、着実に歩んでいってください。


 

3学期終業式

2018.03.13

本日、3学期中に活躍した生徒たちの賞状伝達と、終業式および離任式が行われました。

賞状伝達では、部活動での活躍だけでなく、キッズISOプログラム初級編の国際認定や読書感想文コンクールでの

活躍により、多くの生徒が賞をいただくことができました。

  

終業式では校長先生より、平昌オリンピックで活躍した長野県出身の小平奈緒選手についてお話がありました。

小平選手には「明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。」という座右の銘があります。

これはインド独立の父マハトマ・ガンジーの言葉で、3回目のオリンピックに向けて小平選手は現状に満足せず、

決意や覚悟をもって日々の練習やトレーニングに打ち込んできたそうです。また、小平選手はソチ五輪のあと

2年間のオランダ留学をして、自分を見つめ直した際に「与えられるものは有限、求めるものは無限」であると

いうことに気付きました。人から与えられることには限界がある。だから、与えられたことで満足するのではなく

自分で求めていくことが大切だと信じているそうです。

このことは、これからの未来を切り開いていく生徒たちにも当てはまるのではないでしょうか。

「ESD」のために自分は何ができるのか、今年1年を振り返り、学習や部活動、生徒会活動への取り組みについて

考えるきっかけにしてほしいと思います。

終業式のあとは離任式でした。今年度は5名の先生方が転退職されます。本日、都合によりいらっしゃらない

先生もいましたが、授業をはじめ、学校生活の様々な場面で大変お世話になりました。

これからも新しい環境で頑張ってください。

明後日からは学校で春期講習が3日間行われます。

今年度の復習をし、来年度に向けていいスタートが切れるよう充実した春休みにしてほしいと思います。


 

キッズISOプログラム初級編 国際認定証受賞

2018.02.24

表題の伝達をいただきました。

ホテルメトロポリタン長野において、国際認定証の授賞式が行われました。。

本校のユネスコスクール活動の一環として、キッズISOの活動をしていました。その活動成果が認められて、国際認定となりました。

次年度以降、キッズISO中級編をはじめとして、より深い学びに向かって進んでいきます。


 

信州ESDコンソーシアム

2018.02.03

信州ESDコンソーシアムに高校1年生、中学1~3年生の有志で参加しました。

発表順が最後のため、他校の成果発表を聞いてからの発表となりました。

地域に根差した活動をした学校、いのちについての学習をした学校、ビジネスに生きる活動をした学校等、さまざまな実践報告を聞くことができました。発表の緊張もある中、真剣に話を聞きメモをとる生徒たちの姿が印象的でした。

いよいよ、発表です。英語で発表を行うために、何度も何度も練習した成果発表。緊張を表に見せないのはさすがでした。

ESD活動カレンダーにそって、月ごとの活動報告をしたのち、本校の部活動であるインターアクト部の活動報告、および中学・高校生徒会による活動報告を行いました。英語による説明に加えて、ジェスチャーやパワーポイントなどを用いて、聴く人にわかりやすく伝えることができていました。

報告会は終わりましたが、ESDの精神に則って、これからも活動を続けていきたいと決意を新たにできました。


 

信大生と語る会

2018.02.03

 

6人の信大生(現役・OB)の先生方をお迎えして語る会を行いました。

進路学習の一環で、自分たちが目指す目標の一つである「大学」について、お話を聞くためのものです。

「信大に入ろうと思ったきっかけはなんですか?」

「大学に入るためにどんな勉強をすればいいのですか?」

「高校時代はどんな風に過ごしましたか?」

等、自分たちで考えた質問を信大生の先生方にしながら、お話を真剣に聴いていました。

生徒たちは専門知をもつ先生方のお話を興味深くメモをとりながら、また、先生たちのお話に交えられたユーモアで笑ったりもしながら、自分のこれからの進路について考えていました。


 
...34567...102030...